マッサージの専門資格|理学療法士は夜間部で学べ|なりたいが叶う
男性と女性

理学療法士は夜間部で学べ|なりたいが叶う

マッサージの専門資格

マッサージ

国家資格の取得でスタート

あん摩マッサージ指圧師として仕事をするには、所定の国家資格に合格する必要があります。国家資格の受験に際して求められてくるのが、専門的な学習です。あん摩マッサージ指圧師が目指せる専門学校では、臨床医学や東洋医学についての専門知識が学べます。国家試験の内容を踏まえたカリキュラムが用意され、合格により近づきます。ある専門学校では、3年間のカリキュラムを設けています。晴れてあん摩マッサージ指圧師として活躍するためには相当な学習が必要です。ですが、あん摩マッサージ指圧師の資格は、いったん取得するとほぼ永久に有効です。仕事の幅は広く、施術院の開業以外にも色々な選択肢があります。病院や介護施設での就業も可能です。

無資格での施術は厳禁

部分的な指圧やマッサージなどを行う施術師は、資格の所持が必要条件となります。無資格での施術が認められておらず、安易にサービスを提供するのは危険です。あん摩マッサージ指圧師として施術を行うに当たっても、対象者の体調や病気の既往によっては注意すべきです。資格を取得する過程では、施術の禁忌事項についても相応の知識を身に着けます。十分な知識を持たないまま施術を行うと、対象者の体調を悪化させる可能性も出てきます。特に慎重に行うべきなのが、発熱や炎症がある場合です。明確な規定がないケースでも、施術師は状態を見ながら加減をする工夫を要します。さじ加減を心得えて行うべきなのが、あん摩マッサージ指圧師の仕事です。