男女

理学療法士は夜間部で学べ|なりたいが叶う

良い学校である理由

ナース

戸田中央看護専門学校は実習の環境が非常に充実しており、その点が大きな特徴となっています。また、学校行事が多いことも特徴として挙げられ、学校行事は学生の日頃の苦労を癒すと同時に、看護師になった後、自身の精神面をケアする方法を身に付けることにも役立ちます。

Read More..

働きながら専門資格を得る

男女

仕事との両立

理学療法士の資格は理学療法士養成施設を卒業し、国家試験に合格することで取得できます。養成施設には大学と専門学校があり、専門学校では夜間部を併設している学校も多数存在しています。夜間部は働きながら資格取得を目指す社会人がほとんどであり、昼間部とは異なり授業時間が限られるため、多くの学校では4年制となっています。夜間部の注意点として挙げられるのが実習です。理学療法士養成施設では実習をしなければ卒業が出来ません。最終学年に進級する前には評価実習が1か月ほど、最終学年時には2か月ほどの臨床実習が2回あります。多くの夜間部の人は働きながら学校に通っているため、この実習期間は仕事を休む必要があります。卒業まで学校と仕事を両立させるには職場の理解を得ることが必要であり、入学してから仕事を探す場合は事前に伝え、関係を築いておくことがおススメです。

費用面と将来に繋がる仕事

夜間部の特徴は昼間部に比べて費用が安いことが挙げられます。夜間部の授業時間は多くの学校で18時〜21時です。昼間部では90分の授業1コマを一日に4コマ受けるのに対し、夜間部は授業時間が短いため一日に2コマ受けることになります。3年制と4年制の違いはありますが、総合しても夜間部の方が授業の時間は短く、その点で費用が安くなっています。また、昼間に行っている仕事を将来に活かせることも特徴と言えます。昼間の仕事を福祉施設や病院等にすれば実際の利用者と触れ合える数も多く作れ、コミュニケーション技術や介護技術を知ることが出来ます。また、理学療法士の人の仕事を間近で見ることもでき、学校の勉強とは違った知識と技術を得ることが可能です。理学療法士養成施設の夜間部は仕事をしながら通うため大変なことも多いですが、それ以上にメリットも多く、将来の自分が広い視野を持てる恰好の場所と言えるでしょう。

マッサージの専門資格

マッサージ

あん摩マッサージ指圧師になるには、国家資格の取得が必要です。専門学校では、試験内容を踏まえたカリキュラムを組んで学習の場を提供しています。資格は半永久的に有効で、仕事の幅も広いです。マッサージや指圧を、無資格で行うのは危険です。資格取得後も、禁忌事項に気を配り慎重に施術を行います。

Read More..

放射線を扱う専門家

レディ

放射線技師が必要とされている場は多くなっています。これはがん検診等で放射線技師の方が必要とされている為です。この専門資格には大学で学士や博士号を取得した後に受験資格が与えられる専門的な職種もあり、キャリアアップにも理想とされています。

Read More..